頭髪

朝シャンって頭皮に悪いの?

仕事や学校から帰って来て、疲れて寝てしまった次の日の朝に入るお風呂はとても気持ちが良いものですね。
昔から「朝シャン《などと言われているくらい、朝出かける前に入浴をすることはとても一般的です。

朝シャンは文字通り朝にシャンプーをすることですが、実はこれが髪と頭皮に良くないという意見もあります。
それは何故かというと、毛髪は通常夜間帯に成長しますが、夜のうちに頭皮の皮脂が落とされず朝まで残ってしまうと毛穴には皮脂がたっぷり詰まった状態となり、
翌日洗ったとしても地肌には老廃物の洗い残しが出てしまいます。
そのような朝シャンを繰り返した結果、毛髪が上手く成長できず抜け毛になったり、あるいは発育上良の細く短い毛になってしまうなどのトラブルが出てきてしまうということです。

しかも、一日の活動を終えて家に帰って来た時の頭皮の状態はもっとも脂や汚れが溜まっているはずです。
汗をかいたり、湿気がある時期などはなおさら頭皮がムレますので、それらがこびりついてしまわないよう、その日のうちに汚れは洗い落とした方が良いのです。
現在育毛に取り組んでいる方は、皮脂詰まりを起こさないよう家に帰ってきたらすぐ頭皮と髪の汚れを洗うようにして、翌日まで汚れを持ちこさないようにしましょう。

また、朝シャンは頭皮だけでなく髪そのものにも良くないと言われることがあります。
これは、髪を洗ったあとで乾かしきれず濡れたまま外に出ると、風による摩擦などで髪の毛が傷みやすくなるからと言われています。
傷ついた髪に紫外線がさらにダメージを加えることもあります。

男性ばかりでなく女性にとっても朝シャンは良くありません。
特に女性は髪をロングにしていたり、パーマをかけてアレンジしている方も多いですが、こうしたダメージを負うと髪はすぐに切れ毛になってしまいます。
発毛環境が段々悪くなっていくことも考えられますので、お風呂は夜のなるべく早いうちに入って、その日に溜めた汚れはその日のうちに落としてしまいましょう。