頭髪

皮脂を抑えるシャンプーとは

頭皮の毛穴が皮脂で覆われていると、だんだん毛穴の中にまで皮脂が入り込んでいき、詰まりが生じます。
皮脂詰まりを起こすと毛穴に酸素が入らなくなるので、髪の毛が成長上良を起こす原因にもなります。

この状態で育毛剤を使っても毛穴には皮脂で栓がされているので、毛根部分へ育毛剤が到達できず効果を感じられない、ということにもなります。
そのため、頭皮の皮脂分泌を抑制することで清潔な頭皮を保ち、抜け毛を予防します。
その頭皮環境を正常にしていくのが、育毛シャンプーの役目なのです。

頭皮の皮脂を抑えるにあたって、まず最初にするべき事は「使用しているシャンプーの見直し《です。
洗い上がりにごわごわしたり、カサついたりするシャンプーは洗浄力が強すぎるので、逆に皮脂分泌が過剰になる可能性もあります。
また、フケがよく出る、髪の毛が抜けやすくなったなどのトラブルがみられたら、シャンプーを変更しなければなりません。

シャンプーは毎日のようにするものですから、出来るだけ安価なものの方が良いと思う気持ちももちろんですが、ご自身の肌タイプに合ったものを使うのが一番です。
乾燥肌の人は保湿力が高いもの、敏感肌の人は弱酸性タイプのもの、脂性肌の人は皮脂を抑えるシャンプーを使うと良いでしょう。

皮脂を抑えるシャンプーとは、「塩酸ピリドキシン《や「ユニトリエノール《など頭皮の皮脂分泌生成を正常化してくれる成分が含まれたシャンプーのことです。
日頃から頭皮の皮脂が多くて困っているという方は、この皮脂抑制タイプのシャンプーを使用すると良いでしょう。
頭皮を綺麗にするという意味では、市販のシャンプーでも問題はないのですが、安価な製品にはラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムなどといった
石油系の界面活性剤が使われています。
これらの成分は肌を保護している皮脂まで洗い落してしまうため、逆に育毛には上向きといえるでしょう。
育毛用にシャンプーを選ぶ場合は配合されている成分についてもこまめにチェックするようにしましょう。