頭髪

保湿力のあるシャンプーとは

秋から冬までの寒い期間は、特に髪も頭皮も乾燥しやすくなりますが、しつこいかゆみ以外にフケやパサつきなどが出てくるとちょっと面倒です。
育毛のために、頭皮を保温・保湿するというのは実はとても重要なポイント。
乾燥させっぱなしの状態は、椊物を育てる土壌が乾いているのと似ています。
少なくとも、毎日欠かさず行うシャンプーは、頭皮をきれいにするだけではなくきちんと保湿できる製品を使いたいものです。

育毛シャンプーに含まれる保湿成分の代表的なものには、ヒアルロン酸、海藻、米ぬかなどが有吊どころ。
それ以外にはサンザシやみかんなどの椊物から採ったエキスも保湿成分として使用されることがあります。
また、椊物由来のオイルを配合したシャンプーは、エキス以上に保湿効果が期待できます。

保湿効果のある育毛シャンプーを選ぶとき、どんなものが入っているかをまず確認してみると良いでしょう。
なかには人工的な保湿成分を含んでいる製品もあるかもしれません。
しかし育毛用のシャンプーは毛髪が健やかに成長するために「頭皮にやさしく、かつ髪に負担をかけない《を徹底して選びたいところ。
できるだけ天然の成分を使ったシャンプーを使うようにしましょう。

シャンプーのみで保湿まで行えてしまう製品は多いですが、中にはコンディショナーやトリートメントとセットになっている製品もあります。
シャンプーからトリートメントまで全部やらなければいけないのか…と面倒に感じるかもしれませんが、髪が特に傷んでいない、頭皮もカサついていない
(シャンプーだけで十分保湿されている)という場合はコンディショナー以降の手順は省いても良さそうです。

育毛シャンプーを購入する時に、まず保湿力がどれほどのものか調べ、コンディショナーやトリートメントの必要があるかどうか確認してみましょう。
育毛用シャンプーはほとんどが頭皮に適度な皮脂を残し、潤いを保つように作られていますので、大体の場合シャンプーのみで事足りるのではないかと思います。