頭髪

育毛シャンプーの基礎知識

薄毛対策や発毛、育毛用に開発された「育毛シャンプー《は大きく分けると
・石油系シャンプー
・石鹸系シャンプー
・アミノ酸系シャンプー
に分けることができます。

私たちが普段使っている、そしてスーパーやドラッグストアで販売されているシャンプーは、ほとんどが石油系シャンプーに分類されます。
石油系は「高級アルコールシャンプー《などと表記されることもありますが、頭皮の皮脂を溶かして洗い流すという特徴があり、洗浄力が非常に強いため
頭皮に必要な皮脂まで落としてしまうことがあります。
育毛を本格的に始めるためにはまず頭皮を清潔にしなければなりませんが、洗浄力が強すぎるのも問題です。

石鹸系シャンプーは石鹸を主成分としたシャンプーで、刺激は石油系ほど強くはないものの、洗浄力に関してはやはり強い部類に属します。
そのため、頭皮がカサついたり、洗い上がりがごわつくことも。
頭皮や毛髪は弱酸性ですが、石鹸はアルカリ性です。
そのため、洗髪後は髪もパサつきやすくなります。
石鹸系シャンプーを育毛用に使う場合は、リンスやトリートメントなどで保湿を行い、別途頭皮に栄養が行き届くように育毛剤も併用する必要があります。

アミノ酸系シャンプーは文字通りアミノ酸が含まれているシャンプーのことです。
アミノ酸は毛髪を構成するたんぱく質の一種ですので、このシャンプーを使えば頭皮への栄養補給が期待できます。
また、アミノ酸系シャンプーはきわめて頭皮に優しいとされており、皮脂を過剰に洗い流すことなく汚れだけ落とせるという利点もあります。

シャンプーの本来の目的は汚れや脂を落とすためですが、「育毛《という観点からみればアミノ酸系シャンプーがもっとも適していると言えるでしょう。
とはいえ、シャンプーだけでは毛髪が生えてこないこともまた事実。
血行を促進し、毛母細胞を活性化させるための育毛剤の存在も必要上可欠です。
適宜頭皮を清潔に保ちながら、地道に育毛を行っていきましょう。