頭髪

シャンプーは1日何回すればいいの?

育毛のために欠かせない、頭皮環境の改善。
育毛剤を塗るよりもまず最初に頭皮を清潔に保たなければ、健康で太く長い髪の毛は育ってくれません。

髪の手入れの基本はシャンプーです。
毎日頭を洗うと逆に抜け毛が増えるのではと考えがちですが、人間の髪の毛は一日に100本も抜けるといわれており、頭皮を爪でがりがりと掻いたり、
毛を無理やり引っ張るようなことをしなければ、シャンプーで抜け毛の量が増えるということはありません。
むしろ、シャンプーをしないまま頭皮を放置して、皮脂が毛穴に詰まってしまうことの方が問題です。

理想的な回数としては、一日に一度、最低でも二日に一度はきれいに髪と頭皮を洗ってあげることが望ましいといわれています。
ただし年配者や高齢者は皮脂の分泌量が少ないため、一日一回では多すぎるかもしれません。
また、若い方でも乾燥肌の方は皮脂量が少ないと思いますので、軽く頭皮を洗い流してフケやほこりを取り除くくらいでもちょうどよさそうです。

皮脂は頭皮にかぎらず、全身を覆うすべての皮膚を守ってくれています。
そのため、皮脂を急激に取り除くと「もっとたくさん皮脂を出さなくちゃ《と自然に身体が反応し、オイリー肌のようになってしまうケースもあります。
なので、シャンプーをする時はあくまで頭皮の血行を良くする、毛穴の奥の皮脂を外へ流すように心掛けることが大切です。

10代の学生さんの中には、スポーツや何かの活動などで汗をかき、そのたびにシャワーに入って頭を洗っている方もいるでしょう。
10代は代謝が非常に活発であり、そのぶん汗や皮脂量も多いのが特徴です。
しかし、上潔だからといって一日に二回以上シャンプーをすると、減った分の皮脂量を補おうとしてさらに分泌がかかることがあります。
頭皮ニキビや炎症の元にもなりますので、あくまで汗をさっと流すくらいのケアで十分かと思います。

頭のニオイやフケ、脂が気になる方は多いですが、一日一度のシャンプーで地道なケアを続けていきましょう。