頭髪

使用を避けたほうがいいシャンプーとは

育毛やスカルプケアのためにシャンプーを探そうと思ったら、まずは「使わない方が良いシャンプー《を探してみてはいかがでしょうか。
シャンプーなんてどれも同じなのでは?という意見もありますが、実は配合されている成分によって機能はまったく違います。

一般的に使わない方が良いとされているシャンプーには、よく言われることですが「石油系合成界面活性剤《を使っているものはあまり好ましくありません。
特に「オレイン酸《「ラウリル酸《などは石油系界面活性剤の一種で、市販品のシャンプーにほとんどといっていいほど含まれています。
強力な洗浄力を誇る成分ですが、いずれもアレルギーや湿疹等の皮膚刺激を起こす可能性が取り上げられています。

また、石油系界面活性剤以外では近年問題となっている「シリコン《入りのシャンプーもあまり好ましくありません。
シリコンは市販のシャンプーやトリートメントなどに使われる成分で、髪のツヤやハリを出し、指通りを良くさせることが目的です。
ダメージヘアに効くと言われることもありますが、一時的にコーティングするだけなのであまり意味はないとも言われます。

シリコンはあくまでコーティングのための成分ですので、シャンプーの「頭皮の汚れを洗い落とし、毛穴を清潔に保つ《という目的からは少々かけ離れているようにも思えます。
むしろ顔や身体についてしまうと荒れ、炎症の原因になる場合もあるので、アトピー肌や敏感肌の方にはおすすめはできません。

界面活性剤もだめ、シリコン入りもだめとなると、ほとんどのシャンプーがNGとなってしまうのでどれを選べばいいか混乱してしまいますが、
最近では無添加タイプや天然由来の成分を多く含んだものが広く知られるようになりました。
スーパーではなくドラッグストアや専門店などへ行けば、肌にやさしいシャンプーを手に入れることもできます。

毎日使うものだからこそ、安心できる製品を選びたいですね。
まずは使用を避けるべきシャンプー(と、その成分)を知っておいて、色々な製品を比較検討してみると良いと思います。