頭髪

「シリコン入り《と「ノンシリコン《のシャンプーの違いとは?

今やスーパー、ドラッグストアにはさまざまな種類のシャンプー、コンディショナーが並んでいます。
メーカーも違えば機能、香りなども異なるので、一見何をどう選んで良いかわからなくなりそうです。
特に、CMや雑誌記事でも目にするようになった「ノンシリコンシャンプー《はどんなものなのでしょうか。

そもそも、一般的に販売されているシャンプーには成分の一種としてシリコンが含まれています。
シリコンが入っているとどんなメリットがあるかというと、髪にツヤやハリをもたらしたり、CMに出てくるようなサラサラの指通りを実現します。
特に、髪が傷んでいる方はシリコンシャンプーの方が良いといわれています。
これだけを考えると、シリコンはシャンプーになくてはならない成分のようにも思えます。

しかし、シリコン入りのシャンプーは肌に悪い影響を及ぼしたり、アトピーの悪化、炎症、その他ベタつきや毛穴詰まりを引き起こすとも言われています。
シャンプーとは本来、髪をツヤツヤにするものではなく、髪についたほこりやフケ、老廃物を洗い流して頭をきれいに保つことが目的ですので、
シリコンが入っていること自体に意味はないと考える方もいます。

よく「シャンプーで身体を洗ってはいけない《と言われることもありますが、シリコンや香料などが入っているものは敏感肌の方には刺激が強すぎるのかもしれません。
そこで、ノンシリコンシャンプーがネットショップを中心に人気を集めるようになりました。
すべて天然の成分で作られており、低刺激で無添加、無着色と皮膚につけても荒れにくいことが特徴です。
髪があまり傷んでおらず、カラーリングも特にしていない方はあえてシリコン成分で髪を補修する必要はありません。
なので、ノンシリコンシャンプーの方が余計なものを排除した、さっぱりとした洗い上がりになるでしょう。

シリコンかノンシリコンにするかは、髪が傷んでいるかどうか、ツヤやハリが必要か、それともさっぱりと洗うだけで良いのかなど、複数のポイントから考えると良さそうですね。