頭髪

育毛剤と組み合わせて効果UP

育毛に欠かせない、育毛剤と育毛シャンプーの組み合わせ。
同じメーカーで揃えたいところだけど、もっと効果的な組み合わせは無いだろうか?と考える方もいるかもしれません。

AGA(男性型脱毛症)の治療薬にも使われている「フィナステリド《という成分は、脱毛を抑制する成分のことです。
男性ホルモンが強力な脱毛パワーのある成分へと変化するのを抑えてくれるので、男性ホルモンが多い方にぴったりのお薬です。
副作用もほとんどないため、飲む育毛剤として活用されている方も多いです。

この、フィナステリド治療薬にプラスして使いたい育毛剤が、「ミノキシジル《を配合したものです。
ミノキシジルはもともと血管拡張剤として開発された成分で、高血圧症の治療薬だったものに発毛効果が見出されたため、育毛剤製品へ使用されるようになりました。
血管を拡張してくれるということで頭皮の血行についても促進させ、血流量を増加させてくれます。

頭皮の血流量が増えれば、それだけ毛母細胞が活性化されるので、発毛しよう!という動きが出てきます。
また、体内にある栄養分も頭皮に行き届くので、さらなる相乗効果が期待できます。

ミノキシジルを配合した育毛剤は、CMでもおなじみの「リアップ《シリーズや、元祖育毛剤の代表格である「ロゲイン《、また外用にミノキシジルスプレー、
内朊用にタブレットなども販売されています。
いずれにしても育毛剤ですので、先のフィナステリドと組み合わせると、内側と外側からダブルの育毛効果が実感できるかもしれません。

また、育毛剤と組み合わせたいものとしてはフィナステリド同様、抜け毛の原因と言われる酵素「5αリダクターゼ《を抑制するサプリメント「5α-R《などもおすすめです。
また、育毛剤を塗布する前に使う育毛シャンプーについても、ご自身に合ったものを使用すれば頭皮の環境が正常化されますから、さらに効率をアップさせることが
できるかもしれません。