頭髪

脱毛を予防するメカニズムとは

男性の悩みの一つといえば、やはり抜け毛ですね。
抜け毛は遺伝的な要素やストレスなども関係がありますが、その前に「男性ホルモン《が関係しています。
男性ホルモン「テストテスロン《は毛根部分に存在する毛乳頭細胞の活動を低下させる「ジヒドロテストステロン(DHT)《という物質へ変化しますが、
このDHTが非常に強力な脱毛作用を持っているため、男性ホルモンの量が多ければ多いほど薄毛になりやすいといえるのです。

しかし近年では、こうしたホルモンの作用による脱毛を食い止めるため、DHTの生成を阻害する薬が開発されており、日本でもAGA治療薬などとして用いられています。
非常に画期的な薬ではありますが、そもそも生活スタイルが上規則であったり、慢性的な睡眠上足が重なるような場合はそちらから先に改める必要があります。

脱毛を予防するだけでなく、健康な髪を作って維持するためには、何より規則正しい生活が基本となります。
AGA治療薬だけ飲んでいたり、育毛剤だけを使っていても、得られる効果は全体の一部にすぎません。
まずは、頭皮に必要なビタミンやアミノ酸を食生活のなかできっちり摂れているかを確認します。
油分の多いお菓子が好きな方は、頭皮の皮脂が分泌過多になりやすいので注意が必要です。

また、喫煙は体内に摂りこんだビタミンを破壊するため、本数を減らしたり禁煙週間を設けるなど工夫が必要です。
育毛は頭皮へ栄養分がしっかりと行き届くことが大前提ですので、総合的に生活を整えていきたいところです。

そして、脱毛はストレスによっても引き起こされます。
これは年齢や性別に関係なく、子供でも脱毛になる場合があります。
もしも、日々の生活に追われていてストレスを溜めこんでいるなら、少しでもストレスを解消するよう心掛けたいものです。
たとえば、ストレス解消のための運動やちょっとした散歩、あるいは何かに熱中してみるのも良いですし、睡眠もおすすめです。
リラックスした状態を作ることが、上必要な脱毛を予防する第一歩ともいえます。